携帯「料金安くなった」26%、「変わらない」53%…総務省アンケ

読売新聞 / 2019年11月20日 20時8分

総務省は20日、携帯電話の契約状況に関するアンケート調査を公表した。最近、携帯電話の料金が安くなっていると答えた人は全体の26%にとどまり、政府が主導する値下げへの動きが、利用者に浸透していない実態が浮き彫りとなった。 最近、携帯電話料金が安くなってきたと感じるかどうかの質問で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング