日本の輸出管理措置、菅氏が撤回しない考え示す

読売新聞 / 2019年11月21日 22時14分

菅官房長官は21日の記者会見で、23日午前0時の失効が迫った日韓GSOMIAについて、「引き続き韓国側に賢明な対応を強く求めていく」と述べた。韓国側はGSOMIA継続の条件として、日本の輸出管理厳格化措置の撤回を求めているが、菅氏は「軍事転用の可能性がある貨物や技術の貿易を適切に管理するうえで必要な運用の見直しだ」と説明し、撤回しない考えを示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング