「半植民地だった屈辱、繰り返さない」習主席が米けん制

読売新聞 / 2019年11月22日 22時24分

【北京=竹内誠一郎】中国中央テレビによると、 習近平 ( シージンピン ) 国家主席は22日、北京での国際会議のために訪中した海外からの出席者と会見し、「過去に半植民地国家だった屈辱は決して繰り返さない」と述べた。中国政府は、21日に米議会を通過した「香港人権・民主主義法案」を「内政干渉」と批判しており、トランプ米政権の対中圧力に屈しない姿勢を強調した形だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング