バイク事故で亡くなった青木篤志さんの世界ジュニア王座防衛期限が切れ無言の返上…金曜8時のプロレスコラム

スポーツ報知 / 2019年11月22日 8時0分

今年6月3日にバイク事故のため41歳で亡くなった全日本プロレスの世界ジュニアヘビー級王者・青木篤志さんの王座防衛期限が20日に切れ、21日の全日本プロレス東京・後楽園ホール大会から、世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメントが始まった。青木さんは、5月20日の後楽園ホール大会で岩本煌史(29)を破り、第51代世界ジュニアヘビー級王者に返り咲いたが、その2週間後の6月3日午後10時半ごろ、東京・北の丸公園の首都高トンネル内でバイクとともに倒れているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング