写真

画像はイメージ

大相撲の横綱白鵬(34)=宮城野=の「かち上げ」が波紋を広げている。九州場所12日目が2019年11月21日、福岡国際センターで行われ、結びの一番で横綱白鵬が小結遠藤(29)=追手風=をはたき込みで下した。11勝目で賜杯を大きく引き寄せたが、白鵬が立ち合いで放った「かち上げ」にNHKのテレビ解説を務めた舞の海秀平氏(51)が苦言を呈するなど横綱の品格が問われる一番となった。 「肘打ちは見ていて後味悪い」 流血戦となった結びの一番。立ち合い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング