松山英樹、自己ワーストの1ホール9打…13位に後退も後半巻き返し4打差のV圏内

スポーツ報知 / 2019年11月23日 8時0分

◆男子プロゴルフツアーダンロップ・フェニックス第2日(22日、宮崎・フェニックスCC=7027ヤード、パー71)3位から出た14年大会覇者の松山英樹(27)=LEXUS=は出だしの1番で自己ワーストとなる1ホール9打をたたいた。序盤の出遅れが響き75で通算1アンダー13位に後退したが、後半に3つバーディーを奪い、首位と4打差のV圏内にとどまった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング