2%台の衝撃!土曜に引っ越し「ドラえもん」&「しんちゃん」は視聴率戦争の敗者なのか

スポーツ報知 / 2019年12月7日 11時0分

長年、日本の子供たちを楽しませてきた国民的アニメが大ピンチを迎えている。10月改編でそれぞれ放送日、時間が変更されたテレビ朝日系「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」が変更前の平均視聴率6%台後半から現在、「ドラえもん」が3~4%台、「しんちゃん」に至っては10月以降、8回のレギュラー放送中4回で2%台を記録する低空飛行を続けている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング