ベルリンの殺人にロシア当局関与の疑い、外交官2人を国外追放

読売新聞 / 2019年12月5日 19時13分

【ベルリン=石崎伸生】ドイツ外務省は4日、ベルリン駐在のロシア人外交官2人を国外追放処分にすると発表した。独捜査当局が、ベルリン市内で今年8月に起きた殺人事件にロシア当局が関与した疑いがあると判断したことを受けた措置だ。ロシア側は反発し、報復措置を示唆している。 独DPA通信などによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング