写真

アサヒのリストラを伝える中央日報(12月4日付)

日本製品の不買運動が収まらない韓国で、日本を代表する2つの企業が明暗を分けている。度重なるバッシングを受けて何度も苦境に立たされたカジュアルウエアブランドのユニクロがようやく反転攻勢の兆しを迎えた。 一方、日韓対立が起こる前は、韓国の輸入ビール業界では不動の1位を誇っていたアサヒが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング