【独自】交番襲撃の容疑者、統合失調症と診断…地検は起訴検討

読売新聞 / 2019年12月6日 8時51分

大阪府吹田市の交番で6月、警察官が刺され、拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で府警に逮捕された 飯森 ( いいもり ) 裕次郎容疑者(33)が、大阪地検の精神鑑定で統合失調症と診断されたことがわかった。地検は、精神疾患の影響はあったものの、事件前後の行動などから刑事責任能力があったと判断。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング