滋賀の切断遺体、焼き肉店経営者に懲役25年判決

読売新聞 / 2019年12月6日 15時53分

滋賀県草津市の排水路などで昨年8月、中川 直 ( すなお ) さん(当時69歳)の切断された遺体が見つかった事件で、殺人罪などに問われた焼き肉店経営・ 杠 ( ゆずりは ) 共芳被告(69)(滋賀県守山市)の裁判員裁判の判決で、大津地裁(今井輝幸裁判長)は6日、懲役25年(求刑・懲役28年)を言い渡した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング