ドライバーの7割超、「あおり」罰則強化求める

読売新聞 / 2019年12月6日 20時48分

警察庁が今年10月、「あおり運転」について全国のドライバー(2681人)にアンケート調査を行った結果、74・6%が「罰則の強化」を求めていることがわかった。悪質なあおり運転は後を絶たず、処罰感情の強さが明らかになった。 警察庁によると、全体の96・3%(2583人)が、あおり運転の抑止に向けて「何らかの方策が必要」と回答。具体策(複数回答)については、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング