COP25で小泉氏「残念ながら」石炭火力発電削減示さず

読売新聞 / 2019年12月11日 20時55分

【マドリード=前村尚、安田信介】小泉環境相は11日朝(日本時間同日夜)、マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の閣僚級会合で演説し、国内で新設計画がある石炭火力発電について、「残念ながら今日は、石炭関係の政策について新たな 進捗 ( しんちょく ) を共有できない」などと述べ、具体的な削減策に踏み込まなかった。 石炭火力発電は天然ガスなどに比べ多くの二酸化炭素を排出するため、今年11月に発表された国連環境計画(UNEP)の報告書が日本に対して石炭火力発電所を新設しないことを求めるなど、国際的な批判が高まっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング