大阪の准看護師殺害、2審も無期懲役…大阪高裁

読売新聞 / 2019年12月12日 10時53分

大阪市西成区で2014年、知人の准看護師・岡田里香さん(当時29歳)を殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた日系ブラジル人、オーイシ・ケティ・ユリ被告(35)の控訴審判決で、大阪高裁(三浦透裁判長)は12日、求刑通り無期懲役とした1審・大阪地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。 今年3月の1審判決によると、不法滞在状態だったオーイシ被告は、親密な女性と中国に渡航するため、岡田さんになりすましてパスポートを取得しようと計画。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング