虐待で児相が指導、「所在不明児」全国で6人

読売新聞 / 2019年12月12日 14時56分

全国の児童相談所(児相)が虐待ケースとして在宅で指導していた子供の安全確認で、行方を把握できない18歳未満の「所在不明児」は11月時点で6人に上ることが分かった。厚生労働省が12日、明らかにした。 安全確認は、千葉県野田市の小学4年栗原 心愛 ( みあ ) さん(当時10歳)が今年1月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング