次男の頭を筆箱で殴り、三男の背中蹴る…母親に有罪判決

読売新聞 / 2019年12月13日 15時45分

息子たちを筆箱やハンガーで殴るなどしたとして暴行罪と傷害罪に問われた、山形県東根市の無職の女(39)に対し、山形地裁(馬場崇裁判官)は12日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。馬場裁判官は「犯行は虐待の一環で、幼い2人を凶器で殴る危険なもの」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング