妻と口論、数回殴った後引き起こして顔を蹴る…重体に

読売新聞 / 2019年12月16日 7時37分

妻(53)の顔を蹴るなどしてけがを負わせたとして、奈良県警天理署は15日、三宅町石見、会社員の男(51)を傷害容疑で逮捕した。妻は意識不明の重体で、男は「弁解することはありません」などと容疑を認めているという。 発表では、男は14日午後10時35分頃、自宅寝室で妻と口論となって顔を数回殴り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング