「ヌードルバー」付きJR新型特急、外装と座席で高級感も演出

読売新聞 / 2019年12月16日 11時9分

JR東日本は16日、東京と伊豆エリアを結ぶ新型の観光特急列車「サフィール踊り子」(8両編成)の車両を報道陣に公開した。深い青を基調にした外装と全車をグリーン仕様にした座席で高級感のある旅を演出する。来年3月14日から運行される。 「サフィール」はサファイアのフランス語で、青く輝く伊豆の海と空をイメージしている。1号車に通常のグリーン車より座席の間隔が広い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング