アパマン爆発、隣接住民が提訴「誠意が感じられない」

読売新聞 / 2019年12月16日 19時36分

札幌市の不動産仲介店「アパマンショップ平岸駅前店」で昨年12月に起きた爆発事故で、自宅が壊れ精神的苦痛を受けたとして、隣接するマンション住民11世帯30人が16日、同店の運営会社「アパマンショップリーシング北海道」(札幌市)を相手取り、慰謝料など計約5000万円の損害賠償を求め、札幌地裁に提訴した。 訴状などによると、住民らは爆風で自宅の窓ガラスが割れたことから、応急的にベニヤ板を張って冬を越すなどし、精神的な苦痛を受けたとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング