台湾WL組が帰国 畠「一歩(前進)どころじゃない」右肘手術から170日ぶりに実戦復帰し計6回を無失点

スポーツ報知 / 2019年12月16日 21時2分

台湾で行われていたアジアウィンターリーグ(WL)に参加していたNPB(白)とNPB(紅)が16日、帰国した。巨人の畠世周投手(25)は「結果どうこうよりも、しっかり力強く腕を振れた。やってよかった」と振り返った。7月に右肘の遊離軟骨などの手術を受けた右腕は、7日のJABA(日本社会人選抜)戦で先発し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング