写真

スーツケースなどに隠されていたアフリカゾウの牙(14日、成田空港で)

象牙などを国外に密輸しようとしたとして、千葉県警は14日、富士サファリパーク(静岡県裾野市)の飼育員だったラオス国籍の容疑者(27)を関税法違反(無許可輸出未遂)容疑で逮捕した。 発表では、元飼育員は昨年7月4日、成田空港からラオスに出国する際、アフリカゾウの牙、シロサイの骨、チーターの歯など計約230点を許可なく輸出しようとした疑い。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング