法華津寛、79歳で東京五輪目指す…五輪史上最年長記録100年ぶり更新へ

スポーツ報知 / 2020年1月18日 8時0分

日本馬術連盟は17日、東京五輪代表を目指す意思を表明した選手のリストを発表し、馬場馬術では1964年東京五輪代表で、2012年ロンドン五輪に日本人最年長の71歳で出場した法華津寛(78)がエントリーした。今年3月に79歳を迎える法華津の4度目の五輪出場がかなえば、1920年アントワープ五輪射撃のオスカー・スバーン(スウェーデン)の72歳10か月を大幅に更新する史上最年長五輪出場記録になる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング