同じ名前で宿泊無断キャンセル、別の2施設も…被害は7施設で250万円

読売新聞 / 2020年1月20日 8時1分

栃木県内の五つの宿泊施設で今年の正月に同じ名義人の宿泊予約がいずれも無断でキャンセルされ、多額の被害が出た問題で、別の県内の二つの施設も同様の被害に遭っていたことが、県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部への取材で新たにわかった。 2施設は那須塩原市の1軒と、那須町の那須高原で1軒。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング