フリマアプリでの盗品販売の訴えが相次いでいる。大阪心斎橋でブランド品の財布を落とした大阪在住の18歳女性は、傷跡などの特徴がよく似た財布がフリマアプリに2万2999円で出品されているのを見つけた。女性は出品者に「本当にもらいものですか?」と連絡を取ったが、その直後にページが削除された。駐輪場に停めた自転車からライトを盗まれた福岡県在住の大学生も、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング