受験生の解答用紙、誤ってシュレッダーへ…「最高点」で合否判定

読売新聞 / 2020年1月23日 7時39分

茨城県教育委員会高校教育課は22日、中高一貫の県立古河中等教育学校で11日に行われた入学者選抜適性検査で、受験生の解答用紙1枚を誤ってシュレッダーで細断するミスがあったと発表した。解答用紙は1人計4枚(200点満点)で、細断したのはうち1枚(70点分)。同校はこの1枚分について、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング