【Bリーグ】島根・鈴木監督、パワハラ行為で2か月職務停止 被害男性は休養中

スポーツ報知 / 2020年1月22日 8時0分

バスケットボール男子のBリーグは21日、1部(B1)島根スサノオマジックの鈴木裕紀監督がスタッフや選手にパワハラ行為をしたとして、2か月間の公式試合に関する職務停止処分を科したと発表した。島根とBリーグによると鈴木監督は昨年7月と8月に、泳げないと事前に伝えていた男性スタッフに対し、練習先の海水浴場で泳ぐことを強要。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング