道新次長、酒気帯び運転で赤切符…朝刊作業後にウイスキー飲む

読売新聞 / 2020年1月23日 7時39分

北海道新聞旭川支社の報道部・男性部次長(51)が飲酒後に車を運転し、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで北海道警に交通切符(赤切符)を交付されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。 捜査関係者などによると、部次長は今月13日午前1時半頃、北海道旭川市内の路上を、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング