患者の強制入院、就業制限が可能に…新型肺炎「指定感染症」判断なら

読売新聞 / 2020年1月23日 22時3分

中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している問題で、日本政府は世界保健機関(WHO)の専門家による緊急委員会の動きを注視している。WHOが「国際的な公衆衛生上の緊急事態」と判断すれば、速やかに国内での対応に着手する方針だ。 緊急事態と判断されると、日本政府は加藤厚生労働相が厚生科学審議会に諮問して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング