浅香山親方(元魁皇)、落下力士の直撃受け負傷…車いすで診療所へ

スポーツ報知 / 2020年1月23日 14時9分

◆大相撲初場所12日目(23日・両国国技館)審判を務めていた大相撲の浅香山親方(元大関・魁皇)が、落下してきた力士の直撃を受けて負傷した。幕下の隠岐の富士―天風との一番で、土俵から落ちてきた力士が、浅香山親方を直撃。右の股関節付近を痛めた親方は、車いすで両国国技館内の相撲診療所に直行した。「足を開いていたのを閉じようとしたら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング