伊集院静さんがくも膜下出血、手術成功も「予断許さない」…妻・篠ひろ子「またペン持って」

スポーツ報知 / 2020年1月24日 8時3分

作家の伊集院静さん(69)が21日にくも膜下出血のため倒れ、22日に手術を受けていたことが23日、分かった。この日、所属事務所が明らかにした。手術は成功し、経過は良好ではあるものの、予断を許さない状況という。妻の女優・篠ひろ子(71)はマスコミ各社に直筆の書面を寄せ「執筆生活を取り戻せる日まで精一杯頑張って参ります」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング