中国湖北省、外務省が「渡航中止勧告」に…新型肺炎の感染拡大懸念

読売新聞 / 2020年1月24日 17時33分

外務省は24日、新型コロナウイルスが多発している中国湖北省に対し、感染症危険情報の4段階のうち、2番目に危険度の高いレベル3の「渡航中止勧告」に引き上げた。 外務省は23日に湖北省武漢市に対し、「不要不急の渡航自粛」を求めるレベル2を発出したが、武漢市の周辺市でも、公共交通機関の停止や道路の封鎖が発表され、感染の地理的拡大が懸念されることから、湖北省全体をレベル3に引き上げることとした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング