新型肺炎、規模「SARSの10倍以上」見解も

読売新聞 / 2020年1月25日 7時15分

【上海=南部さやか】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を阻止するため、中国湖北省武漢市が発動した事実上の封鎖措置は24日、2日目を迎えた。一部メディアやSNSなどから伝わってくる情報は、市内での肺炎の拡散が深刻な状況にあることを示唆している。 2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)に対応したことで知られる香港大の 管軼 ( グァンイー ) 教授は21~22日に武漢市で現地調査した後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング