覚醒剤「元夫が無理やり注射」取り調べ中は「意識混濁」…女性に無罪判決

読売新聞 / 2020年1月25日 9時10分

元夫と一緒に覚醒剤を使用したとして覚醒剤取締法違反(使用)に問われた女性被告の判決が24日、札幌地裁であり、向井志穂裁判官は「元夫が無理やり注射した疑いが強い」として無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。 女性は札幌市白石区の自宅で昨年3月、元夫と共謀し、覚醒剤を注射して使用したとして起訴された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング