エンゼルス・大谷が開幕から“二刀流枠”の可能性浮上…昨季登板なしも18年の成績も考慮か

スポーツ報知 / 2020年1月25日 13時25分

エンゼルス・大谷翔平投手(25)が、今季開幕から新設される「TwoWayPlayer」(二刀流枠)に分類される可能性が24日(日本時間25日)、浮上した。アナハイムの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番、ジェフ・フレッチャー記者がツイッターで明らかにした。今季から新設される「TwoWayPlayer」(二刀流枠)。「投手」「野手」に続く第3のカテゴリーとして誕生した。「TwoWayPlayer」に登録されるためには前年もしくは当該年に投手として20イニング登板、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング