ボーイング迷走 安全最優先で信頼を取り戻せ

読売新聞 / 2020年1月27日 5時0分

事故が相次いだ米ボーイングの新型旅客機「737MAX」の運航停止が続いている。安全確保を最優先に、信頼回復に努めねばならない。 ボーイングは737MAXの運航再開の時期が、今年半ばになるとの見通しを示した。当初は、2019年中の再開を目指していたが、大幅に遅れる。 米連邦航空局(FAA)の審査に時間がかかっているためだ。徹底した真相究明が求められる。 ボーイングの19年の商用機納入は前年比で半減した。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング