東南アジアや南アジアで中国人へのビザ発給停止相次ぐ

読売新聞 / 2020年1月28日 19時38分

【バンコク=大重真弓】中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東南アジアや南アジアで中国人への査証(ビザ)発給を取りやめる動きが相次いでいる。 フィリピンの入国管理当局は28日、中国人を含む全ての入国者が空港到着時に取得できるビザの発給を一時停止すると発表した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング