新潟県の佐渡島(佐渡市)沖で昨年3月、高速客船がクジラとみられる生物と衝突し、多数の乗客が重軽傷を負った事故で、運輸安全委員会は26日、衝突後に船底が海面に強く打ち付けられたことで、被害が大きくなったとみられるとする調査報告書を公表した。 事故は昨年3月9日に発生。新潟港(新潟市)から佐渡島に航行中の佐渡汽船の高速客船「ぎんが」(277トン)が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング