菅官房長官は26日午前の記者会見で、東京都での患者増加を受けた緊急事態宣言の可能性について「現在の時点では宣言を行うような状況ではない」と述べた。その上で、「国民生活に重大な影響を与えることをかんがみ、多方面からの専門的な知見に基づき、慎重に判断することが必要だ」と強調した。

トピックスRSS

ランキング