【独自】眠れないほどの熱・せき、入院19日間「死ぬ覚悟した」

読売新聞 / 2020年3月28日 7時8分

新型コロナウイルスに感染し、入院治療を受けて回復した北海道旭川市内の70歳代男性と、治療に当たった医師が、読売新聞の取材に応じた。男性は「1か月も日常生活がストップすることがつらかった。まさか自分がかかるとは思わなかった」と闘病生活を振り返った。 医師治療「考え抜いた」 2月16日から4日間、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング