三宅宏実34歳、重量挙げに厳しい1年延期…でも「最後の花を」30歳でバルセロナ五輪出場の砂岡良治氏がエール

スポーツ報知 / 2020年3月30日 8時0分

東京五輪の1年程度の延期が決まり、重量挙げ女子で5大会連続五輪出場を目指している34歳の三宅宏実(いちご)は年齢的に、より厳しい状況に置かれた。東京五輪を競技人生の集大成と位置づけた2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪メダリストにとって、延期は大きな負担だが、同競技の84年ロス五輪銅メダリストで、30歳でバルセロナ五輪に出場した砂岡(いさおか)良治さん(58)が自身の経験を語り、三宅にエールを送った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング