瀬古利彦氏、五輪延期に「あっぱれ」世界記録が出ても代表変えない

スポーツ報知 / 2020年3月30日 8時0分

日本陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)が29日、東京五輪の1年程度の延期を歓迎した。TBS系「サンデーモーニング」に生出演。「延期になって良かった。中止になるかと思っていましたから」とホッとした表情。4か月前の決定に「IOCのバッハ会長と組織委の森(喜朗)会長に『あっぱれ』をあげたい。こんなに早く決めていただいたので選手たちは安心しました」と感謝した。自身は代表入りした1980年モスクワ五輪が冷戦下で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング