写真

和光市長も国の責任をただしたとツイートで報告

国税庁の新任職員約1000人を対象に埼玉県和光市内で始まった税務研修について、新型コロナウイルス感染を心配する声がツイッターなどで上がっている。 松本武洋和光市長も、国は責任が取れるのかとただしたことをツイッターで明かした。国税庁は、「厚労省の指導を受けた」と説明し、中止や延期をする予定はないとしている。 研修生名乗り「助けて」ツイートも 「国の研修機関への要望について」。和光市の公式ツイッターは2020年4月2日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング