写真

「エール」(NHKホームページより)

3月30日(2020年)よりスタートしたNHK連続テレビ小説「エール」は昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルにした夫婦の物語だ。主人公・古山裕一(窪田正孝)の少年時代を子役の石田星空(いしだ・せら)が演じているが、舞台が福島の老舗呉服問屋とあって福島弁が縦横に飛び交っている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング