「難病東大生」出版、史上最年少の女性市長が誕生「体力的にも自信ついた」

読売新聞 / 2020年4月6日 11時47分

5日に投開票された徳島市長選で初当選し、全国最年少の女性市長となるまちづくり団体代表の内藤佐和子さん(36)は一夜明けた6日、同市内で記者会見し、「若さ、スピード感を持って徳島を変えていきたい」と抱負を語った。 内藤さんは東京大在学時に、手足のしびれや視野が狭くなることがある難病の「多発性硬化症」を発症。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング