教え子2人を「弟子」に選抜、塾講師がわいせつ行為

読売新聞 / 2020年4月8日 7時41分

学習塾の教え子2人にわいせつな行為をさせたとして、鹿児島県内の塾講師の男(54)が児童福祉法違反で同県内の地裁支部に起訴されていたことが分かった。7日に初公判があり、男は「間違いありません」と起訴事実を認めた。 起訴は3月4日と同19日付。起訴状によると、男は2014年12月~16年3月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング