発熱し血の混ざる「たん」…陰性診断の力士が入院

読売新聞 / 2020年4月9日 20時55分

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は9日、報道陣の電話取材に対し、幕下以下の力士1人が発熱などの症状で入院し、新型コロナウイルスの検査を受けていると明らかにした。結果は早ければ10日にも判明する見通し。 この力士は4日頃に発熱し、せきや息苦しさ、たんに血が混ざるなどしたため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング