「妊娠したかも」10代の相談、5月に急増…休校で交際相手と過ごす時間長く

読売新聞 / 2020年5月27日 7時31分

望まない妊娠に悩む10歳代の少女が増えている。群馬県助産師会の専用窓口「ぐんま妊娠SOS」に届く15~17歳の相談メールは従来、ひと月に2、3件程度だったが、今月は20日までに9件に上っている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた中学や高校の休校が長期化したことが背景にあるとみられる。 専用窓口は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング