写真

中国の姿勢に対し、憂慮の声があがっている。

中国の全国人民代表大会(全人代、日本の国会にあたる)が2020年5月28日、香港に国家安全法制を導入する方針を採択した。共産党政権に対する批判的な活動を厳しく取り締まる目的で、今後具体的な立法作業に入る。採択を受け、日本国内でも懸念の声が相次いだ。菅義偉官房長官が会見で言及したほか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング