3歳長男の腕・背中をライターの火であぶる…両親が起訴事実認める

読売新聞 / 2020年7月1日 9時58分

3歳の長男にやけどを負わせるなどしたとして傷害罪に問われた三重県大台町、無職の父親(22)と母親(23)の初公判が29日、津地裁(四宮知彦裁判官)であり、両被告は起訴事実を認めた。検察側は父親に懲役3年6月、母親に2年6月を求刑し、即日結審した。判決は7月17日。 起訴状では、2人は3月19日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング