トヨタ自動車は30日、豊田章男社長を含めて23人いる執行役員を9人に減らすと発表した。7月1日付で、経営陣のスリム化を進め、課題に柔軟に対応できるようにする。 執行役員は、会社全体を見渡し、経営のかじ取り役を担う役職と新たに定義した。役割を明確にする狙いがあり、豊田社長、製造担当の河合満氏、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング